同軸、光、USB接続による音質の違いをプロが語りました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

audio-529276_1280
CNETに掲載された光、同軸、USB、AES/EBUによる音質の差異について書かれた記事が面白かったので翻訳してみました。
色々解釈はありますが、「AES/EBU」が一番良い方法みたいですね。家庭用のプレイヤーやアンプではあまり見かけない規格ではありますが。

次点で同軸。光はやはりジッターなどの影響を受けやすいとの指摘がありUSBの方が少し上だという結論です。
 

タイトルは
“The Audiophiliac asks the experts: Do digital audio connections sound different?”
オーディオマニアがデジタル接続による違いを専門家に聞いてみた。…みたいな感じでしょうか。笑
最後の方でCNETの筆者が40万円程のシステムで色々試してみたレビューもあります。
それでは以下、翻訳です。
専門的な用語が飛び交うので不適切な部分もあるかと思いますが、ご容赦ください。

 

The Audiophiliac asks the experts: Do digital audio connections sound different? -CNET

CNET原文

For as long as I can remember audiophiles have struggled to find the best sounding digital connections. The CD debuted back in 1982 and computer audio is now fully entrenched, but even so, we still haven’t reached a consensus. Which connection/interface sounds best: USB, Toslink (aka optical), coaxial or AES/EBU (Audio Engineering Society/European Broadcasting Union)? I turned to the experts and asked them, what’s best and why?

CDが1982年に発売されてからというもの、PCで音楽を聴くスタイルは確固たるものになりましたが、オーディオマニアの方々による”どの接続が最適か”という議論は未だに続いています。
そこで今回私は「USB」「光(Optical)」「同軸」そして「AES/EBU」という4つの規格について、プロの方々にどれが一番ベストなのか、理由を尋ねてきました。
 

Schiit Audio’s Mike Moffat was the first to respond, and he had plenty to say. Moffat started designing high-end digital converters way back in the ’80s at Theta Digital, so he’s grappled with the finer details of the audio arts longer than most.

始めにSchiit AudioからMikr Moffatさんがお話してくださいました。Moffatさんは80年代からハイエンドのデジタルコンバーターをデザインし、今でも音の詳細なディティールを追求している方です。
 

Moffat noted that coaxial and AES/EBU digital connections are well isolated with transformers in the best gear, but “capacitive leaks” reduce this advantage greatly at higher frequencies. AES/EBU is more suitable for longer cable runs than coaxial connections, and so it’s “less susceptible to common mode high frequency crap.” That’s why recording studios use AES/EBU digital cables.

まずMoffatさんは「同軸」そして「AES/EBU」が一番良いと言います。
長いケーブルを使用する際は高周波数帯におけるキャパシティブ,リークス(容量漏れ)という観点から、同軸よりも「AES/EBU」が良いといえるようです。実際、レコーディングスタジオはよくAES/EBUを使います。
XLRケーブル
 

He thinks USB uses the most complex processing to encode at the source and decode at playback, which causes him to look askance at that medium. Moffat concedes USB has greatly improved since it was introduced.

次にUSBですが、これは音楽を再生する際複雑な処理を用いエンコード/デコード/転送していると彼は考えます。この方法があまりよくないのではないかと懐疑的で、USB登場以来日々良くなっているとは思いますが、ベストだとは言い難いようです。
 

Getting back to the original question — which connection scheme sounds best — he said, “All I can do is make generalizations, which are very much system and grounding dependent.” He spelled out his preferences in the following order:

それでは最後に”どの接続方法が一番良いか。”という質問。
「結局はシステムやアースによる、という一般論も含めた上で–」
彼は彼の好みとして次のように結論づけました。
 

01 AES-EBU has the best potential, but it’s rarely found in consumer gear.
02 Coaxial.
03 A tie between Toslink and USB (Moffat leans slightly in favor of USB).

1位 「AES/EBU」が最良。ただし汎用のデバイスで搭載しているのは稀。
2位 「同軸」
3位 「光」と「USB」はほぼ同点 (Moffatさんは少しUSBの方が上だと言います。)
 

I also heard from Meridian Audio’s founder, digital pioneer Bob Stuart. Again, Stuart has been working with digital since the early days, and he started with this, “You will have readers who disagree, and that’s fine. Everything makes a difference. Which is best? Well, that sort of depends on the DAC and the source (is it a server, PC or optical disc?) as well as the interface and even the digital interconnect cable. The better the rendering device (DAC), the smaller the difference.”

そしてもう一人、Meridian Audioの創設者であり当初からデジタルオーディオを研究し続けている先駆者、Bob Stuartさんにも伺いました。
彼はこう言います。「みなさんは納得しないかもしれないですが…全て相互関係によるもので…それでも何がベストかと答えるとすると、音質に作用するものは、DACや音源(ストリーミングか?PCや光ディスクなのかなど)、インターフェース、そして接続ケーブルなど色々ありますが、一番重要だと思われるのがDACです。結局DAC変更による差が大きく、比べるとその他は些細なものです。」
 

He also said, “Of course digital bits-are-bits and with due care, each of the three interfaces (USB, Toslink, coaxial) can deliver the same data at approximately the same time. But the audio we hear is analog and real-world devices are subject to a variety of interferences including data-induced jitter, other process-induced jitter, (and) common- and differential-mode electromagnetic noise. In the ideal world, the data are clocked in by and buffered in the DAC (asynchronous mode) and then de-jittered before conversion. In my experience this can never be perfect, just made closer and closer to irrelevance.”

また、「最良の接続の方法ということですが、突き詰めれば3つのインターフェイス(USB,光,同軸)とも全てデータ、スピードを同レベルにそして正確に転送できます。しかし現実にはデータが起こすジッターや転送ジッター、そして電磁ノイズな様々な問題が起こりますね。
理想で言えばデータがDACに入りコンバートする前にジッター消去を実行することですが、技術が少しづつ良くなっているとは言え私の経験上ジッター消去が完璧に行われたことはありません。」とも語りました。



I used my Oppo BD-105 Blu ray player hooked up to an Arcam irDAC digital converter and compared the sound of Toslink and coaxial connections. I used my Magnepan .7 speakers for all of my listening tests.

最後に私(筆者)自身でOppo BD-105 Blu-rayプレイヤーArcam irDAC digital converterにて光と同軸、2つの接続を比べてみました。
ちなみにスピーカーは全てMagnepan .7を使っています。
 

Starting with AudioQuest Carbon coaxial and AudioQuest Vodka Toslink digital cables, the difference was primarily in clarity. That is, the sound was less transparent and softer with the Toslink cable, and soundstage depth was reduced compared with that of the coaxial cable. The differences in sound quality between AudioQuest Toslink and coaxial cables running between the Oppo player and Arcam DAC were larger than I expected.

まずはじめにAudioQuest カーボン 同軸ケーブルAudioQuest Vodka 光デジタルケーブル を比べましたが、音は明確に違います。明瞭感の低減、解像感の低さ、そしてソフトな感じを光接続から感じました。音場に関しても同軸に比べて深みが消されてしまっているようです。両者のクオリティの差は想像以上でした。
 

I also compared the AudioQuest Vodka Toslink and Carbon coaxial cables with generic, low cost cables. The AudioQuest Toslink cable decisively clobbered the generic cable — that one constricted and flattened the soundstage and smothered treble “air.” The AudioQuest Carbon coaxial cable bested the generic coaxial cable by sounding more vibrant and dynamically alive. The generic coaxial cable sounded rather bland by comparison.

さらにもう一つ、AudioQueatの光ケーブルとジェネリックケーブル(所謂ノーブランド)、AudioQuestの同軸ケーブルとジェネリックケーブルというトータル4つのケーブルを用意し比較してみました。
まずジェネリックの光ケーブルはAudioQuestのものと比べて音が窮屈で、サウンドステージが平坦、そして高音による空気感というものを覆ってしまっています。
同軸ケーブルにおいても、ジェネリックのケーブルよりAudioQuestの方が鮮やかさやダイナミックな存在感、という点で勝ります。ジェネリックは味がないのです。
 

So yes, everything changes the sound of digital audio: the source, the digital converter, the cables and the implementation of the interface connections. Your “mileage,” as they say, will vary. To find out what’s best in your system, you have to listen for yourself.

最後に、デジタルオーディオは音源、コンバーター、ケーブル、接続形式によって全て変わります。
あなた自身のシステムで、何が一番ベストな組み合わせか、色々な組み合わせで聴いてみてください。