DALI Lektor2にTAKET BATPUREを取り付けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC00105〜まえがき〜
2014年の夏、ソニーストアのハイレゾ体験会に参加したときのこと。技術や広報の方々が集まって色々な装置や製品でその仕組みを堪能させていただいき、「ハイレゾすげえ」と漠然とお話を聞いていたのですが、その中で登場した「SS-HW1」というブックシェルフ型スピーカーが一際輝いていました。ヌケの良い高音、このサイズからは聴いたこともない広大な空間作り。とても感動してしまい、これだけは絶対に手に入れたい!なんて思いながらも人間とはそういうもので何故かDALIのスピーカー「Lektor2」を購入して満足はしていたのですが、先日sonyから発売のグラスサウンドスピーカーを視聴したついでになんとなくあのスピーカーをもう一度聴くと、忘れかけていた感動がぶわっと蘇る。「やっぱりこれは買いでしょ。でも5万か。ふむ。」なんてスパイラルに陥りかけていた時、お財布の救世主”TAKET BATPURE”に出会いました。
ソニーストア大阪のハイレゾ体験会に行きました。
グラスサウンドスピーカーをソニーストアで聴いてきました【LSPX-S1レビュー】

ケーブル通らない[接続方法]

届いてみると、極小。全長3cmの両端に3mmの穴。不器用な私にとってサンミリの穴にスピーカーケーブルを通すなんてちょっと無理。

公式サイトより

公式サイトより

ハンダで接続してもいいみたいですが、説明書に”全体が高温になると本体にダメージがある”と記載があったり、家にあったはずの鉛が見つからなかったりで近所の電気屋に足を運ぶと、模型コーナーで良いものを発見しました。

タミヤさんの模型用極細銅コードです。標準の太さのスピーカーケーブルを何分の一かに細くした感じで、サンミリの小さな穴も余裕で通りました。芯線が30本、全長5mという長さも嬉しいですね。反対側にamazonベーシックのバナナプラグを取り付け準備完了。
さっそくアンプにBATPUREのみを繋げて音量をMAX付近で聞いてみると、小さく「シャンシャン、シャンシャン・・・」という音が聴こえてきました。接続は成功のようです。

取り付け場所

BATPUREを手に入れた皆さんは、木のキューブに取り付けたりスピーカーに組み込むような形にしたり、検索すると様々な工夫をされているようですが、細いケーブルを小さい穴に通すという神経を使った私はもう余力がなく(笑)、付属の両面テープでDALI Lektor2の天板にバッチリ直付けいたしました。
ツイーターはリスナーの耳に向けてセッティングするのが基本でしょ?上向きにつけてどうすんの?という声も聞こえてきそうですが、それでも天板に上向きにつけた理由は出ましたSS-HW1のツイーターの再現。

クリックで画像拡大

クリックで画像拡大

SS-HW1

SS-HW1

あの空間の広さ、立体感はこの配置の妙がもたらした結果だと思っていたからです。
sony開発の方も「指向性の高いツイーターを天板に上向き配置なんて普通あり得ないし、つけたり外したりして何度もテストしましたが、やっぱりあると良い音するんです。」なんて仰っていました。

音質

それでは肝心の音の変化について。

  • 全域において明瞭感アップ
  • ボーカルとピアノの抜けが凄まじいことになる
  • それによって立体感が増し、ライブ盤などは至高の体験
  • ボーカルの息が鋭い?

といった印象です。目論見どおり、Lektor2にSS-HW1のあの独特な空気感が付加されたように思います。
高域が上から降りてくるような、包み込む広い音場。それによりスイートスポットが広がり、必ずしも真正面に居る必要はなく、立っていても座っていてもスピーカーの場所を気にせず良い音を感じられます。対してスピーカーの向きをこちらに向け真正面から聴くと、ボーカルは”艶やか”なんてもんじゃなく、まさにそこに”居る感じ”。目をつむって聴くと存在感ありすぎて怖いというレベル。…あまり熱が入るとオーディオオカルトっぽくなりますが。笑
確かに人間の耳では聴こえないと言われる20kHz以上の音を再生するツイーターだけに気のせいかと疑うことも大事かと、左だけBATPUREを取り外して聴くとあからさまに左右のバランスが変わります。

また、音源によってはボーカルの息が少し刺さり、ノイズっぽく聞こえることも。これはLektor2の再生周波数特性が49Hz~27kHz、対してBATPUREが20kHz~150kHzというスペックですので
20kHzのあたりが少しぶつかってしまって強調されているのでしょうか?数字は不得意なのであまり大げさなことは言えないのですが..。

総評

聴こえない音が聴こえてくるのではなく、どちらかというと聴こえる音が形になる、と言えばいいのでしょうか。
とにかく明瞭感とその空気感が上がります。
これはホームシアターなどのサラウンドにも効果を発揮するでしょう。
一通り音楽を堪能した後は、AKIRAのBDを買ってハイパーソニックエフェクトを体験しようと思います!
大成功!
BD『AKIRA』でハイパーソニック・エフェクトを体験するための再生システム(1)