スポーツ向け、1万円ランクのBluetoothイヤホン特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

running-573762_1280
音楽を聴きながらランニングする場合、音質、使いやすさ、そして”軽さ”は重要ですよね。
そこでBluetoothのものを中心にイヤホンの重量や防水性能、連続再生時間、そして今回は1万円前後という括りでまとめてみました。

HA-ETR80BT

HA-ETR80BT
2016年1月13日に発表されたばかりのBluetoothイヤホン。
防滴・軽量・リモコン搭載、そして密閉型に加え周りの音が聞こえやすい低遮音型のイヤピースも付属されます。
JVC初のBluetoothスポーツイヤホンですが、申し分無い性能ではないでしょうか。

  • 15g
  • 充電時間 約2.5時間
  • 連続再生時間 約4.5時間
  • 防滴仕様(IPX4相当)
  • 通話用マイク搭載の3ボタンリモコン付き(防滴)
  • 密閉型と低遮音用の2つのイヤピースが付属

Bluetooth®搭載スポーツ用ヘッドホン「HA-ETR80BT」を発売(JVC公式)
 
今回発売する「HA-ETR80BT」は、Bluetooth®によるワイヤレス再生に対応するとともに、長時間使用しても疲れにくい約15gの小型軽量化を実現。また安定した装着感で好評を得ている、“ピボットモーションサポート”を採用し、スポーツ時も外れにくく、快適にリスニングを楽しめます。さらに低遮音イヤーピースを付属することで、屋外スポーツ時の安全性を考慮しました。
 

JVC Ver.3.0対応Bluetoothワイヤレスステレオヘッドセット(ブラック)JVC HA-ETR80BT-B(Amazonページに飛びます)
 

ATH-SPORT4

img_40343
オーディオテクニカ唯一のBluetoothイヤホンスポーツモデルです。
こちらもアクティブフィットという周囲の音が聞こえやすくなるイヤピースが付属。そしてなんと言ってもIPX5相当!シャワーでまる洗いできる防水性能の高さは安心ですね。
装着感がとても良いがその装着方法が少し特殊だという評価が目立つので、できれば店頭にて実物を試してから購入を検討された方がいいかもしれません。

  • 23g
  • 充電時間 約3時間
  • 連続再生時間 約4時間
  • 防水仕様(IPX5相当)
  • 音楽操作・ハンズフリー通話対応リモコン(防水)
  • 周囲の音が聞こえやすくなるアクティブフィットイヤピース付属

ATH-SPORT4 | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ
快適なリスニングを追求した“耳に着けるスポーツウェア”
防水仕様の完全一体型ワイヤレスヘッドセット

audio-technica SONICSPORT カナル型ワイヤレスイヤホン 防水仕様 スポーツ向け レッド ATH-SPORT4 RD(Amazoページに飛びます)
 

MDR-AS600BT

MDR-AS600BT
お次はsonyから、なんと連続再生時間約8.5時間(!!)という2日は十分充電が持ちそうな、非常に嬉しいBluetoothイヤホンの紹介です。
コントローラーを無くしイヤホン部分に集中させるというシンプル設計で軽快に音楽を楽しめるスタイルや、対応プレイヤーとワンタッチでペアリング・Bluetooth接続・パワーONが可能というNFC機能も搭載されている非常にsonyらしい製品です。
21gと比較的軽量ですが、イヤホン部分に操作系を内蔵した分少し重たいと感じるレビューもありました。

  • 21g
  • 充電時間 約2.5時間
  • 連続再生時間 約8.5時間
  • 防滴仕様(IPX4相当)
  • マイク・リモコン搭載
  • NFCでかんたん接続
  • マルチペアリング・マルチポイントに対応

original_MDR-AS600BT_002

MDR-AS600BT 特徴 | ヘッドホン | ソニー
連続再生最大約8.5時間。コントロールボックスをなくした軽量防滴(IPX4)Bluetoothヘッドセット
従来コントロールボックスにあった機能を耳もとに集約。シンプルで軽快な装着スタイルで、最大約8.5時間の長時間再生が可能です。汗や水しぶき、雨などからヘッドホンを守る防滴仕様なので、運動中でも快適にリスニングできます。

SONY スポーツ向けワイヤレスイヤホン 防滴仕様 Bluetooth対応 マイク付 ブルー MDR-AS600BT/L(Amazonページへ飛びます)
 

また、MDR-AS800BTという上位機種も発売されています。
MDR-AS800BT
こちらはスポーツのみならず普段使いも意識されたモデルで、高音質コーデックaptxにも対応した音質にこだわりのある製品のようです。21g。

MDR-AS800BT
2つのリスニングスタイル
シーンに合わせて使い分けられる、通常スタイル(下だし)とスポーツスタイル(耳かけ)の2スタイル(*)。豊富なアクセサリーによりサイズやスタイルをカスタマイズできます。

SONY MDR-AS800BT (Amazonページへ飛びます)

 

SHQ8300

SHQ8300LF
PhilipsからスポーツイヤホンSHQ8300は42gと上記で紹介しものより少し重めですが、NFCでかんたんペアリング、13.6mmの口径が大きいドライバ採用とスペックの高いモデルになっています。
さらに特筆すべきはMusicChainと呼ばれる音楽のシェア機能。
同じ機能を持ったBluetoothイヤホンをもう一台用意すれば2人で音楽を共有できるというもので、カップルや友達など、一緒にランニングする際などに使用すれば面白いですね。プレゼントにもいいのではないのでしょうか。

  • 42g
  • 音楽再生時間 約5.5時間
  • 防滴仕様(IPX2)
  • マイク・リモコン付き
  • 2人で音楽を共有できるMusicChain機能
  • セミクローズドタイプで周囲の音が聞こえやすい

Bluetooth® スポーツヘッドホン SHQ8300LF
ワイヤレスで自由自在。究極のパフォーマンス。
スポーツ好きのアクティブなユーザー向けに設計されたフィリップス Actionfit SHQ8300 ワイヤレスイヤフォンは、汗や雨に強く、快適な装着感とパワフルな低音を実現します。ニーズに合わせてお好きな装着スタイルを選ぶことができます。

PHILIPS ワイヤレススポーツイヤホン 耳掛け式対応/グリーン/グレー SHQ8300LF(Amazonページへ飛びます)
 

Zhda®

最後にAmazon遊泳中に見つけました、変わり種イヤホンの紹介です。
51X2rJkyU-L._SL1010_
防水骨伝導イヤホン
日本のAmazonストアにはまだレビューが何も無ありませんが、Amazon.comにて様々なレビューがありましたので、英語堪能な方は目を通してみてはいかがでしょうか。
Amazon.co.jp Zhda®(日本のAmazonページ)
Amazon.com Zhda®(アメリカのAmazonページ)
スクリーンショット 2016-01-19 15.37.29
ちなみにレビューはこんな感じで★5から★1までまんべん無く分布。
合う人には合う。ダメなひとはとことんダメというヤツですね。笑

  • 2.4オンス(68g)
  • 充電時間 2-3時間
  • 再生時間 最大8時間
  • 防滴仕様(Amazon.comにて汗は防げるがびしょ濡れにするのはダメと記載。)
  • マイク・リモコン付き
  • 骨伝導

Amazonより
長時間の使用でも快適、耳を塞がずに音楽を聴き、 同時に鼓膜から環境音も聴こえる「骨伝導ヘッドホン」です。 ★振動を骨に伝えることで音を聴くため鼓膜への負担が少なく、 長時間の使用でも快適にお使い頂けます。通話可能、マイク搭載で、iPhoneなどのスマートフォンでは通話にも対応です。耳を塞がないので移動中、運動中も周囲の音が聞こえて安全。

513BYOtWZmL
 

総評

気になるイヤホンは見つかりましたでしょうか。
個人的にはPhilipsのSHQ8300のMusicChain機能を試してみたいです。2人で音楽をシェアしながらランニングできるという面白い一面と、Bluetooth接続なのでどちらか片方が遅れたり早すぎると接続が切れてしまうという緊張感が他には無いですね。笑 まず、音楽の趣味が合うパートナーを見つけなければなりませんが。笑
それでは以上、参考になれば幸いです。