安室奈美恵”_genic”コラボアーティストまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

_genic
6月10日、安室奈美恵さんのセルフプロデュースアルバム「_genic」が発売されました。
本人が持つ鋭い感性と最先端を走る方々とで製作された楽曲達は、
EDM、リバイバルR&B、80s、と様々なジャンルに渡りますが見事一つの作品としてまとめ上げられており、
さらにはタイアップ無し、全曲未発表というとても挑戦的な内容になっております。
そんなどこまでも攻め続ける安室奈美恵とコラボレーションしたたくさんの製作陣の方々にスポットを当て、彼らが普段製作している作品をまとめてみました。

それでは順に追っていきたいと思います。
まず一曲目

#1 Photogenic
作曲・作詞 Maria Marcus/Andreas Oberg/Emyli


印象的なエレキギターの音から始まりますが、これは作曲に名を連ねている
Andreas Obergさんの演奏では、と予測します。
元々はJazzメインの方で雰囲気のあるギターを奏でています。


シンプルな組み合わせの電子音の中でカントリーな雰囲気のあるギターのリズムが合わさり、
“生音系EDM”の王道の様なつくりです。

#2 Time Has Come
作詞 Erik Lidbom
作曲 Erik Lidbom/Maria Marcus


作詞/作曲のErik Lidbomさんは過去にAFTERSCHOOLとコラボした「make it happen」や、
最近ではシングルCDの「Brighter Day」からリード曲、「Brighter Day」の作曲を手掛けた方です。
Time has Comeでは作詞も手がけていますが、安室奈美恵という人物の生き様を理解した、ファン納得の詞ではないかと思います。
和訳はコチラ * http://nishikawakun.com/music/3011/

#3 Golden Touch
作詞 Andy Love/Joacim Persson/Nikki Flores/Johan Alkenas/TIGER
作曲 Andy Love/Joacim Persson/Nikki Flores/Johan Alkenas/


大量ですね。笑
まずAndy Loveさんについては

イギリス出身のソングライター、プロデューサー。
琴線に触れるその美しいメロディーセンスが 定評を呼んでおり、ヨーロッパ諸国でのリリースの他に、BoA、少女時代、SHINeeなども手掛けており、アジアのリスナーも魅了している。
多彩な音楽性が認められ、アーティストプロデュース以外にX-Factor, America’s Got Talent などTVシリーズも数多くプロデュースしている。
http://digzinc.com/creators/andylove/

とのことで、K-POP等をよく聴く方はご存知なのではないでしょうか。
Joacim PerssonさんとJohan AlkenasさんについてはKis-My-Ft2のKickin’itという曲で一緒に製作している様です。
http://www.kasi-time.com/subcat-sakkyoku-8248-1.html
Nikki Floresさんは幼少期からアギレラやホイットニーに憧れるうち自身で作曲をする才能に目覚めた現在26歳の女性で、パワフルな歌声はYoutubeにて視聴できます。

#4 Birthday
作詞 Emyli
作曲 Andreas Carlsson/Michael Lerios/Gabrielle Symons/Demitri Lerios/Svante Halldin/Jakob Hazell


一体6名でどういった風に作曲してるのか場外からは全然予想ができないですが。笑
バンドで作ったとかそういうことでしょうか。
それではまずは一人目、Andreas Carlssonさん。

スウェーデン出身のベテラン作曲家 Andreas Carlsson は、世界有数のポップス・ソングライターとして知られ、同国出身の Max Martin との共作曲である Backstreet Boys の大ヒット曲 “I Want It That Way” をはじめとした彼の楽曲は、これまでに世界で計1億5000万枚を売り上げている。
4度のダイアモンド・アワード(同一国内で1千万枚以上を売り上げた楽曲に贈られる賞)の受賞、スウェーデン政府からのエクスポート・プライズ(輸出貢献賞)の受賞、また米国グラミー賞で5度のノミネートとエミー賞へのノミネートなど、数々の受賞歴を誇っている。
Andreas Carlsson Interview * http://soundgraphics.net/interview/andreas-carlsson-interview.html

調べてビックリ、あの超有名曲”I Wat It That Way”を作った方なのですね。
インタビュー中には#2 Time Has Comeの作曲者Erik Lidbomさんの名前も出てきます。
色々なエピソードも面白いので是非ご一読を。
そして2人目のMichael Leriosさんを調べてわかったのですが、続くGabrielle Symonsさん、Demitri Leriosさんと3名はThe New Officialなるバンドを組んでいます。
The New Official twitter
Michael Lerios * https://twitter.com/michaellerios
Gabrielle Symons * https://twitter.com/gabysymons
Demitri Lerios * https://twitter.com/mr_lerios
最後の二人、Svante HalldinさんとJakob HazellさんもSeventy Eightというグループで活動しています。
Seventy Eight * http://www.discogs.com/artist/2727313-SeventyEight

#5 It
作詞・作曲 Raphaella Mazaheri-Asadi/Bardur Haberg/Hiten Bharadia/Oli Jogvansson


Raphaella Mazaheri-Asadiさんはインド系のとても美人な女性です。
この方がItの原曲となる曲を歌っていたのでしょうか?

二人目のBardur Habergさんと次のHiten Bharadiaさんは
浜崎あゆみさんのWake me upという曲で一緒に作曲しています。
http://www.kasi-time.com/subcat-sakkyoku-4930-1.html

最後のOli Jogvanssonさんは二人目のBardur Habergさんとでbarolimusicという音楽グループで活動しており、soundcloudにて楽曲を聴くことができます。
barolimusic * soundcloud

#6 Scream
作詞 Erik Lidbom
作曲 Erik Lidbom/Jon Hallgren


Erik Lidbomさん、再び登場しました。
Jon hallgrenさんとは嵐やE-Girlsの楽曲で何度か一緒に製作している様です。
http://www.kasi-time.com/subcat-sakkyoku-14964-1.html
Jon Hällgrenプロフィール(soundgraphics)

#7 Fashionista
作詞・作曲 Jenna Donnelly・Scott Stoddart・Emyli

Jenna Donnellyさんはシンガーソングライターで、過去にはLEADの楽曲を手がけたこともあるそうです。

http://www.jennadonnelly.com
Scott Stoddartさんについては情報が少なく詳細がわかりませんでしたm_ _m

#8 Fly
作詞・作曲 David Wade/Mike Hunnid/Skylar Mones/SUNNY BOY


ハワイ育ちのクリエイター、SUNNY BOYさんが製作しています。


SUNNY BOYさんはこれまでw-inds.、EXILE、BIGBANと今の日本の音楽シーンにかかせないアーティストのプロデュースをしてきた方で、
今後もなんらかの形でコラボレーションして欲しいですね。

#9 B Who I Want 2 B feat. U hum sneak it
作詞 SOPHIE/Mitchie M
作曲 SOPHIE


まさかの初音ミクとコラボですが、かなり完成度が高いのではないでしょうか。
この独特なSOPHIEさんの音楽センスとミクさんの無機質な声、安室奈美恵のセクシー大人ボイスが
上手く噛み合って心地よいグルーヴが生まれています。
SOPHIEさんのかなり独特で尖りに尖った音楽は好みが分かれるところでしょうが、”最先端”とはこういうことなのかもしれないと感じさせてくれます。

#10 Stranger
作詞・作曲 SKY BEATZ/SHIKATA/MARIA MARCUS/TIGER


SKY BEATZさんは前シングル「Birghter Day」から「Still Lovin’ You」にて作曲されています。
BGMとして使われたCMの衝撃的な可愛さは印象に新しいですね。

SHIKITAさんは今回の想いを自身のブログにて綴られてます。
Works。 安室奈美恵「STRANGER」

#11 Every Woman
作詞・作曲 Chris Meyer/Barbi Escobar/Kevin Charge


Chris Meyerさんは
西野カナ・嵐・少女時代・・・
と、今のチャートを賑わすアーティストの曲をたくさん製作されている方です。
Chris Meyerさんプロフィール * http://soundgraphics.net/songwriters/chris-meyer.html
Barbi EscobarさんはE-Girlsの派生グループDreamにて”こんなにも“という曲の作曲をされています。
Kevin ChargeさんはKAT-TUNのBLESSを作曲されています。

#12 Space Invader
作曲・作詞 Gennessee Lewis/Cait La Dee/Michael McGarity


Gennessee LewisさんはBallerinaにて作詞・作曲を担当しており今回もかなりストレートなEDMに仕上がってますね。
Cait La Deeさんは聴いてみればわかります。

Michael McGarityさんは情報が少ないのですが、多分この方だと思います。Carly Rae Jepsenとも組んでいますね。
http://www.allmusic.com/artist/mike-mcgarity-mn0001833681/credits

#13 Anything
作詞・作曲 James“KEYZ”Foye/Anthony Franks


James”KEYZ”Foyeさんはリンク先に本人画像がありますが、かなりゴツい見た目で曲とのギャップがすごいですね。
http://avexmusicpublishing.com/ja/writers/james-keyz-foye
Anthony Franksさんについてもかなりゴリゴリな雰囲気はありますが、ギャップ萌え、といったところでしょうか!
http://avexmusicpublishing.com/ja/writers/anthony-franks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。