[海外翻訳] Westone W10 レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

westone w10

 

westone W10の海外レビューを翻訳しました。
 

 

 

 


PROS
Excellent balance of lows and highs, with a focus on the high-mids. Includes a treasure trove of accessories, including multiple eartips and two detachable cables. Inline remote control and microphone for mobile devices. Secure, comfortable fit.
中高音を中心とした高音と低音のバランスが素晴らしい。
アクセサリーが豊富。色々なイヤチップと2つの替えのケーブルがある。
片方はスマートフォン用のリモコンとマイクが付いている。
しっかりと耳にハマる。

CONS
Distorts at maximum volumes. Bass lovers should look elsewhere.
音量を上げると歪みが出る。
低音が好きな人は違うイヤホンにした方が良い。

BOTTOM LINE
The Westone W10 in-canal earphones deliver an excellent balance of lows and highs that should appeal to purists.
westone 10 は高音と低音のバランスにとても優れており、ピュアオーディオ愛好者は気に入るだろう。


 


BY TIM GIDEON
At a time when most earphones are leaning towards the bass-heavy side of the spectrum, Westone still makes earphones that have a primary focus on the mids and highs. The Westone W10, at $199.95 (direct), is the entry-level model (believe it or not) in the manufacturer’s W line-up. Loaded with a plethora of accessories, including two detachable cables and several pairs of eartips, this is a secure-fitting option for music lovers who want natural—not booming— bass.
There are some surprise distortion issues at maximum volume on deep bass tracks, but they disappear at reasonable listening levels, and thus shouldn’t be considered a deal breaker. Purists seeking balance, read on. Bass fans seeking gobs of subwoofer-like intensity, look elsewhere.


 

BY TIM GIDEON

最近のイヤホンの傾向として、スペクトラムが低音寄りが多いですね。
しかしwestoneのイヤホンは、昔から変わらず”高音”と”中音”をメインに作られています。
価格としては、w10は2万円とwestone Wシリーズでは安い方のモデルです。

かなり多めのアクセサリーが付属しており、着脱式ケーブルや豊富なイヤチップがあります。
フィット感の良いこのイヤチップは、ブーミーなベースではなく、ナチュラルな音が好きな方々にぴったりだと思います。

しかし驚くべき所は、低音が強い曲を最大音量で再生すると歪みが起こってしまう事。
が、普通の人達は普通の音量で聴くので購入を躊躇するポイントにはならないと思います。
このことからピュア指向でバランス派の方々はこの続きを読んで欲しいですが、低音が好きでサブウーファーの様な鳴り方が好みの方は他のイヤホンを探した方が良いです。

 


Design
Westone tends to eschew flashy designs in favor of functionality, and the W10 is no exception. The earpieces are black, as are the eartips, and nothing really catches the eye except for the Westone logo on each ear. The cable snakes over the top and behind the ear, and the earpieces are placed in the canal upside down.
It would’ve been nice to see a rigid, moldable stretch of cable at the connection point for each earpiece, as many competing models have in order to maintain a secure fit. Nevertheless, the W10, especially when used with the included Comply foam ear tips, manages a very secure fit without this cable feature.


 

デザインとしてwestoneは派手な物を避け機能性を好む傾向にあり、W10も例外ではないです。
イヤーピース、イヤーチップは黒。そしてwestoneのロゴ以外は目を惹くものがありません。
ケーブルは耳掛け式で、イヤーピースは逆さまに入るタイプです。

ケーブルがもう少し固いなら、形状記憶の様な形で耳に固定できただろうと思います。
普通、他のモデルならある程度ケーブルがしっかりフィットする様作られますね。
W10は付属のコンプライイヤチップのフィット感は良好ですが、ケーブルの固さがやはりイマイチです。

 


The W10, like most Westone earphones, ships with a boatload of accessories, which always helps take the sting out of a high price tag. In addition to the whopping 10-pair mix of silicone and Comply foam eartips, which are color-coded, no less, so you can match the various sizes easily, the W10 includes a plastic hard shell carrying case, an ear wax cleaning tool, and a tiny tool for removing the faceplate on each earpiece. Yes, this means there are removable eartip faceplates, as welll: Three total, including the standard black pair that ships in place, as well as two sets of red/blue Left/Right indicator faceplates.westonewest


 

w10は他のwestonwイヤホンに似ています。
たくさんの付属アクセサリーがあり、高い価格設定を和らげます。
イヤチップはシリコンとコンプライを10ペアも付属。これはサイズにより色分しており、簡単に好きなサイズを楽しめます。

そしてw10はプラスチックのハードケース、耳垢掃除ツールはもちろん、フェイスプレートをイヤピースから外すことが出来る小さなツールも付属しています。…そう、フェイスプレートが着脱可能なのです。
黒、ブルー、赤の3つのフェイスプレートは初めから付属しています。
westonew10blue


This is all in addition to the two included removable audio cables, one of which is braided and has no remote. The standard, non-braided cable has a remote control and microphone that lines up near chin-level, descending from the right earpiece.


 

これに追加で2つの着脱式ケーブルがあります。
1つはスタンダードの編み込みのケーブル。もう1つは編み込み式ではなく顎付近にあるコントロール、マイク付きのもの。右側のイヤピースから伸びています。

 


Performance
On tracks with intense sub-bass content, like The Knife’s “Silent Shout,”
the W10 delivers a healthy amount of bass,
but nothing close to the boosted levels we hear on so many competing models these days.
At maximum, very unsafe listening levels, the W10 actually distorts on this track, which is a disappointment given its price. However, no sane human will be monitoring at these levels, and dialing the volume back a tad—at levels still too loud for regular listening—the distortion disappears.
What’s more noteworthy is how excellent the W10 sounds, in terms of overall balance. The sub-bass has punch to it, but most of the spotlight here is focused on the high-mids and highs. This is a crisp sound with some solid, natural bass presence.


 

重低音の強い曲、例えば”the knife”の”silent sout”。これをw10で聴くと十分低音が出ます。が、最近の他のイヤホンの低音レベルと比べるとかなり少ないです。
そして最大音量について。もちろん耳によくないレベルの話ですが、音量を思いっきり上げるとW10は曲の低音を歪ませてしまいます。
価格で考えると、期待はずれです。

が、普通の音量や、最大音量より少し下げて聴けば(十分煩いですが)歪みは無くなります。
それよりもっと目立つ点はw10の綺麗なサウンド。全てのバランスが良いです。
重低音も強く、低音も自然ですが、中高音、高音は特に注目すべき点で、綺麗でハッキリ、固い音が鳴ります。

 


This excellent balance shines on Bill Callahan’s “Drover,” lending his baritone vocals a perfect balance of crisp high-mid edge and richness in the low-mids. The drums here sound natural—
they lack the thump that a bass-boosted pair would layer on them. The spotlight is clearly on Callahan’s vocals and the guitar strumming.


 

W10の素晴らしいバランス性能を際立たせるのは”Bill Callahan”の”Drover”です。
豊かな低音と、彼のバリトンボイスを中高音と高音の鋭くハッキリした音作りにより完璧な調和で再生します。
そして自然なドラムの音。他のバスブーストイヤホンで聴くとドラムの強い低音が目立ちますが、W10はCallahanのクリアなボーカルとギターをかき鳴らす音にスポットライトが当たります。

 


The kick drum loop on Jay-Z and Kanye West’s “No Church in the Wild” gets a solid amount of high-mid presence, which helps its sharp attack slice through the dense mix, while the sub-bass thumps that punctuate the beat are delivered with enough power to sound ominous, if not overwhelming. Fans of big bass will not love the W10’s focus on balance more than boom.


 

キックドラムがループするJay-Z and Kanye westのNo Church in the wildでは得意な固い中高音により、音が密集した部分でも分離良くシャープに聴こえます。
重低音も十分なアタックで不気味に響きますが、強く低音を好む人はW10のバランスにフォーカスを当てた音作りを好まないでしょう。

 


Classical tracks, like John Adams’ “The Chairman Dances,” definitely have a clear focus on the higher register strings, brass, and percussion through the W10.
When the lower strings enter the mix, they lack the round,
resonant sound they often have on bass-boosted pairs, which is a bit of a bummer—classical tracks tend to handle bass boosting gracefully,
primarily because not much of their sounds exist in the sub-bass realm. So, with no real boosting here to speak of, the track can sound a little thin at times—but this is the flat-response sound many purists seek.


 

クラシックの曲。例えば”John Adam”の”The Chairman Dances”はストリングス、ブラス、そしてパーカッションの高い音がクリアーにW10で聴こえます。
低いストリングスの音が全体を包む様な場面では、バスブーストのあるイヤホンがよく響きマッチするので
この点に置いて残念。クラシック音楽ではしばしばバスブーストが上手く作用します。
クラシック音楽は基本的に重低音が少ないので、重低音の少ないW10では曲がたまに薄く聴こえてしまいますが、このフラットな音はピュアオーディオ愛好者に好まれると思います。

 


If you like the idea of a nicely balanced in-ear pair, but can’t quite afford the W10,theKlipsch X4i$148.49 at Amazon is a solid choice, while the TDK EB950$62.00 at Amazonis a well-balanced,
far more affordable option. If it’s more bass you’re after, theSOL Republic Amps HD In-Ear Headphones$77.00 at Amazonand the Denon Urban Raver AH-C300 In-Ear Headphones both deliver power in the lows in their respective price ranges. One favorite pair of ours is the Editors’ Choice Klipsch X7i$172.99 at Amazon, which costs the same and delivers a similar sound signature with no distortion. For $200, it’s a bummer that distortion ever enters the equation with the W10, but it does so at ear-splitting levels, so it’s not really a major issue. At normal listening levels, this is an excellent in-ear option for those who like a natural bass sound and well-defined high-mids.


 

もしあなたがインイヤーのバランス系イヤホンを探していて、W10が少し高いなと感じたら
the klipsch X4i
TDk EB850
をおすすめします。
SOL Republic Amps HD In-Ear Headphone
Denon Urban Raver AH-C300
上記二つは低音が強めです。
そしてエディターズチョイスとしてはKlipsch X7iをおすすめします。
同じ様な値段で同じ音の傾向で、音量を上げても歪みはありません。
original by TIN GIDEON [PCmag][Westone W10]
translated by GIN


このレビュワーさんは個性が出てて面白いですね。
やはり外国の方は”期待はずれ”とか”失望”と言う言葉をハッキリ使うなぁと言う印象です。笑
低音の歪みと言うのは気になりますが、普通に聴いている分には問題無いようですし
その完璧なバランス性能とやらを聴いてみたいです。

今回も直訳気味。オーディオ用語を日本語にするのがなかなか難しいですね。
“sub-bass”は”重低音”で良かったのでしょうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。