[海外翻訳] アップルの新社屋『スペースシップ』についてデザイナー自身が内部を語りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

apple_campus-cover
 

Apple Campus 2 Designer Gives Insight Into Planning Process, Talks Scale
アップルのキャンパス2のデザイナーが、プランニングプロセスについて、そしてそのスケールについて話してくれました。
 
Monday March 3, 2014 12:41 pm PST by Juli Clover

 

 



Apple’s Campus 2 project, which includes the giant “spaceship”-esque building envisioned by Steve Jobs, has been thoroughly outlined in city plans and models that depict the company’s vision for the space, but in an interview with Architectural Record, Norman Foster, who designed the campus, gives some additional insight and context on the planning process behind the project.


 

アップルのキャンパス2プロジェクトは巨大なスペースシップの様なビルで、スティーブジョブズによって描かれました。
今、そのビルのモデルはCGやマップにより私たちが知る事が出来ますが、中身や背景、裏話をデザイナーのノーマンフォスターが”Architectural Record“にて語ってくれました。

 


Foster, who is the chairman of Foster + Partners, has led the construction of multiple high-profile buildings, including the massive Hearst Tower in New York and the bean-shaped McLaren Technology Centre that rests on an artificial lake. He helped Jobs design the campus based on Jobs’ love of the Main Quad on the Stanford campus, and his desire to reintroduce native flora to the area.


 

フォスターは、”Foster + Partners”と言う会社のリーダーで、今まで思わず目を引く様々なビルを建設しました。
NYにある巨大なHearst Towerや、
hearst tower
 
人工的な湖の上にあるMcLaren Technology Centre等がそうです。
mclaren-technology-centre
そんな彼は、”大好きなスタンフォード大学にある”Main Quad”と言う建物をベースにすること“、”そしてカリフォルニアに自然を取り戻したい“と言うジョブズの思いを手伝うことになります。

 


Foster did a series of case studies, inspired by a London square with a park in the center, which eventually evolved into a perimeter area surrounding a larger outdoor park.


 

フォスターはたくさんの研究、調査を行い、ロンドンスクエアと言う真ん中に自然がある建築方式にインスパイアされました。
ロンドンスクエア(wikipedia)
デザインを練って行く内に最終的には円形になり、内側にも外側にも大きな自然が出来ることになりました。

 



So a series of organic segments in the early studies started to form enclosures, all of which were in turn related to the scale of the Stanford campus. These studies finally morphed into a circular building that would enclose the private space in the middle—essentially a park that would replicate the original California landscape, and parts of it would also recapture the orchards of the past. The car would visually be banished, and tarmac would be replaced by greenery, and car parks by jogging and bicycle trails.


 

 フォスター
「この有機的な一連のセグメントにおいて、初期の構想は全てスタンフォードキャンパスのスケールと関係していました。
これらの研究を元に最終的には円形のビルになり、アップルのプライベートなスペースを真ん中に作る事になります。
基本的にそのスペースは昔の(森林豊かだった時代の)カリフォルニアの風景を再現します。アスファルトの代わりに芝生や木が生え、
車は視覚から排除し、代わりにジョギングしたり自転車で走れる道を作ります。」

 


According to Foster, though the building is large, spanning more than a mile around, it’s also compact, much like an airport. To combat the sheer size of the building, its sections have been broken up with cafes, lobbies, and entrances, with each section of the building carefully constructed with social interactions in mind.


 

ビルはとても大きく実に1マイル(1.6km)以上になりますが、空港の様に内容はたくさん詰まっています。
本当にとても大きいビルなので、そう感じさせない様たくさんのカフェ、ロビー、エントランスによりセクションを分け、それぞれのセクションは“人々の交流”に重点を置きデザインしたとフォスターは語ります。

 


Of course, you have got an enormous range of skills in this building—from software programmers, from designers, marketing, retail—but you can move vertically in the building as well as horizontally. The proximity, the adjacencies are very, very carefully considered.


 

 フォスター
「建物の利用者は多岐に渡ります。プログラマー、デザイナー、マーケッター、小売業・・・色々な専門家がいますが、もちろん建物内を水平にも垂直にもすぐに移動する事ができます。
建物内の距離感や隣接についてなどは相当熟考しました。」

 


The campus also houses miles of jogging and cycling trails, and Foster says that more than 1,000 bikes will be kept on the site for employees to travel around the campus. Landscaping connections and pathways will also help it to be more easily traversable, and parking will be underground to avoid marring the scenery.


 

キャンパスにはジョギングと自転車用の道があり、フォスターは社員の自転車を駐車するスペースも様々な場所に作りました。
トータルで1,000台以上収容可能だと言います。
景観設計として、自分の居場所が理解しやすい様に風景は繋がりを重要視し、また儲けられた小道等で行き来がしやすく設計されます。
車の駐車場は地下に作られるので、せっかくの景観は損なわれないです。

 


Currently, construction on Apple’s Campus 2 project is well under way, and just a few months after receiving final approval for the campus, Apple has demolished all of the existing buildings on the site, allowing the building portion of the project to begin.


 

現在アップルのキャンパス2は順調に進行中で、許可を取得した後既存のビルを全て取り壊しました。
今、新しいビルの一部を作ろうとしているところです。

 


When finished, the campus will house 12,000 Apple employees and will also include a fitness center, a presentation center, and more. Apple hopes to complete the project by 2016


 

建築が完了すれば、12,000人のスタッフが収容可能です。
その中にはフィットネスセンター、プレゼンテーションセンターやその他色々あるでしょう。
アップルは2016年の完成を望んでいます。

original by Juli Clover [MacRumors][Apple Campus 2 Designer Gives Insight Into Planning Process, Talks Scale]
translated by GIN


 
さすが任せれているだけありますね。
フォスターさんの作ったビルすごすぎ!!!笑
キャンパス2がなんだか普通に見えてしまうくらい革新的なデザインをする人なんですね…。
wikiを見る限り日本にはまだ彼のデザインしたビルはないので、これからに期待ですね。
…自分がフォスターさんにデザインをお願いするくらい大物なったるでぇ!ガハハ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。