Astell&Kern AK240の海外レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

astell&kern ak240

Astell&Kernのフラグシップ機、Ak240の海外レビューを翻訳しました。

 

A Portable Music Player That May Outdo Some Home Systems

—ポータブルプレイヤーは、時にホームオーディオを陵駕する。

 

Who needs a $2,000 iPod?
No one, really. But wanting one is another story.

 

誰が20万円のiPodを “必要” とするでしょうか…完全に誰もいないでしょう。
…がしかし、 “欲しいか?” と問われれば、また別の話です。

 

Astell&Kern, the arm of the South Korean device maker iRiver that specializes in high-end audio, has built a hand-held music player that may outperform many five-figure home systems.
“We don’t expect to sell a lot,” Owen Kwon, a spokesman for the company, said of the device, the AK240. He said the music player was “showing the direction we are headed in hi-fi.” The price has not been determined, but Mr. Kwon said to expect it to be more than $2,000.

 

Astell&Kernは、iRiverと言う韓国の会社のハイエンドオーディオ部門であり、作るポータブルプレイヤーは数々の100万円クラスのホームオーディオを凌ぐ程の性能です。
—–「たくさん売るつもりは、ないです。」
ak240について、iRiverの代理人Owen Kwonは言います。
「このデバイスは、当社のhi-fiについての方向性を示す物になります。」
価格は未定ですが、Mr.Kwonは20万円以上はするでしょうと語りました。

 

Astell&Kern has gone for the no-compromise (and expensive) engineering that audio purists adore. For instance, it has a pair of analog chips to convert data to sound, instead of the usual single chip. The two chips help ensure that none of the sound that should go to one channel pollutes the other channel.
The AK240 has a 256GB drive, which may sound big. But audiophiles will probably want to save songs in the higher-fidelity lossless files, which take up more space than the more compressed files most people use. To help those with huge music libraries, there is a micro SD memory card slot.

 

astell&kernは、ピュアオーディオ愛好者のために作り、”安く仕上げよう”等、妥協はしませんでした。
例えば普通一つだけ搭載されるアナログDACチップを、LとRのために2基搭載し、二つのチャンネルを混線しないようにしています。
そしてak240は256GBのドライブを搭載します。大きい容量ですが、オーディオ愛好家はロスレスやハイレゾで保存するのでかなりの容量が必要になります。その巨大なライブラリーを助けるため、micro SDカードスロットが搭載されます。

 

The device’s touch screen is a 3.3-inch Amoled (active-matrix organic light-emitting diode) mounted in an aircraft-aluminum case with a carbon fiber back. It also has built-in Wi-Fi, so it can be loaded wirelessly. In the future there will be direct purchase and downloads from high-resolution music vendors, Mr. Kwon said. A micro USB slot allows for charging the battery and loading songs by wire.

 

航空機用のアルミニウムを使用し、背面はカーボンファイバーを用いたケースで、タッチスクリーンは3.3インチ高性能amoledディスプレイを搭載。wi-fi機能も装備されており直接配信サイトからダウンロードも出来るようになるだろうとMr.kwonは言います。
micro USBスロットは充電と楽曲転送が出来ます。

 

The sound was good. O.K. — really, really good. When I listened to a selection of Pink Floyd using Grado SR325 headphones, the music was clear and detailed, and the bass was nearly perfect. It was so distortion- and artifact-free that I found myself cranking it up far past my normal listening volume.

 

音質は本当に良かったです。ほんとに、ほんっとーにGOODでした。その時はGradoのSR325でpink floydの楽曲を聴きましたが、クリアでディティールがハッキリしていました。そしてベースはほぼ完璧です。歪みや人工的な味付けが全然無かったので、普段よりかなり音量を上げて聴いていることにハッと気づきました。

 

It’s not perfect, though. Larger and weightier than an iPod, the asymmetrical case was a little uncomfortable to hold in my right hand because a pointy end dug into my palm. It was better in my left hand.
And then there is the matter of accessories. A leather case is pretty much it.
Finally, there’s the steep price.

 

欠点はiPodより重く大きいことです。
そしてアシンメトリーな外装は、右手で持つと角が手のひらに当たり痛くて持ち難いのです。左手で持つと少し軽減されました。
アクセサリーも、レザーケースしかありません。
最後に、かなり高いことです。

 

But Astell&Kern does make four models of high-end players. The lowest-priced, the AK100, is also quite nice. It’s $700.

 

ですがAstell&Kernはハイエンドプレイヤーを4つ作っており、7万円と安めのAK100もいい製品です。

original By ROY FURCHGOTT [NYTimes][Review: Astell&Kern’s AK240 Hand-Held Music Player]
Translated by GIN


 

…今回も出来るだけハッキリと、直訳気味にしてみました。
ニュアンスは伝わったでしょうか。。。
欠点の話題で終わってしまっていますが、ケースなんかは追って発売されるでしょうし、やはり音質は相当良いみたいですね。
人工的な味付けを無くしできるだけクリアな素の音を再生するようで、
ホームオーディオでさえ凌いでしまうと言うその音質とは一体。
そしてハイファイ製品は妥協しないと言うAstell&Kernに方向性に期待は膨らむばかりです。
その結果、20万強と言う価格になりましたが。笑
前回のK812とAK240を組み合わせでもすれば、どんな空間が待っているのでしょうか… :-)

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。